腰椎椎間板ヘルニアの原因と治療方法|腰痛を要チェック

医者

耐え難い痛み

腰が激しく痛む人

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法は炎症剤を服用しながらコルセットで腰を固定して安静にしておくという方法が一般的に行われています。コルセットが外れたら筋力強化の治療をすることもあります。痛みがひどいときには外科的に骨核を取り除くこともあります。

腰痛の原因と治し方

看護師

脊椎の椎間板が脊髄や神経の根本を圧迫する腰椎椎間板ヘルニアの治療には、鎮痛剤・消炎鎮痛剤や筋弛緩剤の投与・硬膜外神経ブロックや理学療法がおこなわれます。これらの保存療法が効かない場合には、ヘルニアを摘出する手術治療が検討されます。

どんな病気なのか

腰椎

腰椎椎間板ヘルニアというのは、椎間板の中心にある髄核が線維輪にできた裂け目を通って飛び出し、神経の根元などを圧迫刺激するものです。神経を刺激するために痛みが発生します。治療には投薬や牽引療法、コルセット療法などが主に行われます。

若い人が気をつけたいのは

漢方の力などで治すことができる潰瘍性大腸炎を治療したいと思っているなら、こちらを使って情報を手に入れるといいでしょう。

専門的な技術と知識が治せない脳動静脈奇形などのトラブルを抱えてしまった場合は、迷わずこちらを頼りましょう。

20代から40代の人は

医者

腰椎椎間板ヘルニアは、比較的若い人に起こると言う特徴があります。腰椎椎間板ヘルニアを高齢者の病気と思っている人が多いですが、それは誤解です。20代から40代の人に多く見られますが、10代でも腰椎椎間板ヘルニアになる人はいますそして、50代後半から患者数は段々減っていきます。腰部脊柱管狭窄症とは真逆と言っていいでしょう。腰椎椎間板ヘルニアの治療法はいくつかありますが、保存療法がとられることが多いです。保存療法とは薬で治療していくことですが、腰椎椎間板ヘルニアの多くは手術しなくても症状がおさまります。腰椎椎間板ヘルニアを治療するには、手術しかないと思っている人がたくさんいますが、そうではありません。

副作用に気をつけよう

腰椎椎間板ヘルニアの治療で使われることが多い薬は、非ステロイド性消炎鎮痛薬です。しかし、絶対に効果が得られるわけではありません。治りにくい慢性的な痛みに対しては、神経性疼痛緩和薬などを使うこともあります。高い効果が得られるのですが、副作用に注意しなければいけません。神経性疼痛緩和薬を使った人の内、2割程度の人にめまいやふらつきと言った副作用が出ます。副作用が出たら我慢しないようにしましょう。医師に相談することです。勝手に治療を中断するのはやめましょう。また、薬で痛みを抑えると同時に、安静を保つことも重要です。横になる場合は、なるべく仰向けに寝るのは避けましょう。横向きで腰を丸めて寝るのが一番です。

早期発見したい乳がんは自分でチェックすることもできますが専門のクリニックで診てもらうのが一番ですよ。

通院する病院は自分で探そう!病院の口コミサイトがコチラにあるので、病院を探す際に活用してみましょう。

症状や原因などを理解した上で腰椎椎間板ヘルニアの治療方法を調べて望んだ方が良いです。サイトで色々なことを学ぼ。